/

この記事は会員限定です

大日本印刷、EV電池に照準 気になる成長の「航続距離」

鍜治美佑

[有料会員限定]

大日本印刷の北島義斉社長が「確実に収益の柱になる」と期待をふくらませる事業がある。リチウムイオン電池の外装フィルムだ。スマートフォンやタブレットから電気自動車(EV)へと需要が広がってきた。今のところ同社が世界首位だが、株式市場は成長の「航続距離」を気にかけている。

EV電池の外装フィルム「バッテリーパウチ」について北島社長は「中国や欧州で需要が拡大し、生産が追いつかなかった」と明かす。2021年3月期は初...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン