/

東芝、東証1部に復帰 車谷社長「リスタートの日」

東芝は29日、東京証券取引所の1部に復帰した。2017年に米原発子会社の巨額損失で債務超過となったことなどで2部に降格されていた。約3年半ぶりの1部復帰となる。不採算事業の売却や縮小などを通じて業績を改善した。

18年4月に車谷暢昭氏(現社長兼最高経営責任者、CEO)を外部から経営陣に迎え入れ、半導体メモリーやパソコンなどの事業を整理してコスト管理を徹底した。20年3月期の連結営業利益は1304億円と前の期の3.7倍となっている。

昨年11月には中期経営計画も見直した。26年3月期に営業利益4000億円を目指し、それまでのコスト削減を中心とする縮小路線から積極投資に転換する方針を示した。東証1部への復帰で東芝の経営再建は仕上げに入る。ただ、筆頭株主らが20年の定時株主総会での議決権の行使結果を検証するように求めるなど、株主との対立も目立っている。

車谷社長兼CEOは同日、「1部への復帰は経営危機から再建途上にある当社において大きな節目。本日を東芝のリスタートの日として、ガバナンス、コンプライアンスの一層の強化に努める」との談話を出した。東芝株は取引開始直後、前日比1%高の3465円を付けて復帰後最初の売買が成立した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン