/

この記事は会員限定です

信用評価損益率、2年2カ月ぶりの水準に上昇

[有料会員限定]

株式の信用取引をしている個人投資家の運用が改善している。信用取引で買った含み損益の程度を示す信用評価損益率は22日申し込み時点でマイナス10.05%と、前の週から1.88ポイント改善した。改善は2週ぶりで、マイナス幅は2018年11月9日申し込み時点(マイナス9.73%)以来、約2年2カ月ぶりの小ささとなった。先週までの株高が追い風で、投資余力も高まっているようだ。

信用取引の買い残高(東京・名古...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り515文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン