/

この記事は会員限定です

QDレーザ、レーザー光部品開発

新規公開株の横顔

[有料会員限定]

レーザー光部品の開発会社。2006年に富士通の研究所から独立して設立された。生産は外部委託しており、プリント基板や金属の加工装置、細胞などに光を照射して反応を調べるバイオ検査装置に主に使われている。最近はレーザー光で映像を網膜に投映する眼鏡型端末も手掛ける。医療現場や組み立て作業などをサポートするAR(拡張現実)機器をすでに販売しており、小型カメラで外部を撮影する端末では角膜などの異常を抱え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り187文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン