/

ソフトバンクGの格付け見通し「安定的」に S&P

米格付け会社のS&Pグローバル・レーティングは26日、ソフトバンクグループ(SBG)の長期発行体格付けの見通しを「ネガティブ(弱含み)」から「安定的」に上方修正したと発表した。S&Pは「巨額の資産売却を実施したことに鑑み、SBGに財務健全性と格付けを重視した財務運営を行う意思があると考える」とコメントした。格付けは「ダブルBプラス」で据え置いた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン