/

この記事は会員限定です

REIT指数、約1年ぶり高値 オフィス系に資金

[有料会員限定]

不動産投資信託(REIT)市場に資金が戻りつつある。26日の東京株式市場でREITの総合的な値動きを示す東証REIT指数は約1年ぶりに終値で2000台を回復した。日銀が低金利の維持を打ち出したことで利回りを確保する資産としての注目が高まっている。オフィス型を中心に外国人投資家からの買いが集まった。

26日は日本ビルファンド投資法人森トラスト総合リート投資法人がそれぞれ3%高となった。組み入れ資産別ではオフィス型REITの値動きを示す指数の上昇が目立っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り303文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン