/

この記事は会員限定です

「上がるものなら何でも買う」 高まる個人の投機熱

個人マネー  熱狂と危うさ㊦

[有料会員限定]

「バブルは崩壊、どこまで下がるのか」。2月28日深夜、動画共有サイト「ユーチューブ」で開かれたライブセミナーでは、暗号資産(仮想通貨)のビットコインについて投資家らが不安を吐露していた。一時600万円を超えたビットコイン相場はセミナーの直前に急落し、わずか2日で500万円を割り込んでいた。

ビットコイン相場の急落は世界の株価にも悪影響を与えたが、まもなく反発。すると今度はSNS(交流サイト)上で「1000万円も夢じゃない」などと楽観的な書き込みが広がった。

ビットコインは特に若者の投機マネーを吸い寄せている。仮想通貨交換事業者のbitFlyerでは、2020年1~6月に国内で新しくビットコイン口座を開設した人の約4割が20代で、世代別では最多。同社の調査では欧米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1137文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン