/

この記事は会員限定です

自動車株の上値重く 半導体不足・EV遅れ懸念 

[有料会員限定]

株式市場で自動車メーカーの株価の上値の重さが目立っている。短期的には半導体の供給不足に対する懸念、中長期的に電気自動車(EV)シフトの遅れをマイナス材料視する声が出ている。自動車の生産や運搬への影響を考慮した売りは海運や鉄鋼などの業種に波及している。

26日の東京株式市場ではトヨタ自動車が前日比2%安の7500円と約1カ月半ぶりの安値で引けた。ホンダ日産自動車など他メーカーも軟調だった。「半導体需給の逼迫が短期的な懸念要因...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り786文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン