/

この記事は会員限定です

続くか「月前半高・後半安」 金利上昇、株優位揺さぶる

証券部 二瓶悟

[有料会員限定]

2月の最終売買日となった26日の日経平均株価は1202円安と急落した。米金利の急上昇に慌てた売りと、月末の持ち高調整(リバランス)が重なり下げ幅が大きくなった。「コロナ相場」を振り返ると、月前半上昇、月後半下落が続いている。金利上昇で株の魅力が薄れる中、3月上旬はセオリー通り反発するのかに注目が集まる。

「グローバルマクロ系ヘッジファンドがリスクを落とすためにまず朝方に売り、そこにロングオンリー投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン