/

この記事は会員限定です

新生銀行、マネックスと包括提携へ 銀証連携が加速

[有料会員限定]

新生銀行がマネックス証券と証券分野で包括提携することが26日、分かった。コンピューターシステムを連結し、新生銀の全ての投資信託口座をマネックス証券に移す。顧客への営業は新生銀が担う。新生銀は業務を効率化でき、マネックスは顧客基盤を拡大できる。銀行と証券の間では、山陰合同銀行阿波銀行野村証券と提携したほか、SBIホールディングス(HD)が出資する地銀を拡大するなど系列を超えた連携が加速している。

新生銀とマネックスは近く包括提携で基本合意する。今春に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン