/

この記事は会員限定です

ヒューリック、不動産含み益が初の減少 高ROAに壁

松本萌

[有料会員限定]

ヒューリックの高収益経営が転機を迎えている。不動産相場の上昇に乗ってポートフォリオを入れ替えて稼いできたが、利益の源泉だった含み益は2020年12月期に初めて減少に転じた。機動的なビル売買だけで高い総資産利益率(ROA)を維持するのは難しく、デベロッパーとしての開発力が問われる局面に入っている。

ヒューリックは3月、リクルートホールディングスの登記上の本社である「リクルートGINZA8ビル」(東京・中央)、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が個人所有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1655文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン