/

この記事は会員限定です

社債「日銀トレード」異変 対象外銘柄、上乗せ金利に妙味

[有料会員限定]

2020年5月に日銀が社債の買い入れ対象を拡大して以降、社債投資家が積極的に手がけてきた「日銀トレード」に異変が起きている。日銀が大量に買い入れて市中の社債を吸い上げた結果、流通する社債が乏しくなった。運用難に悩む投資家は日銀の買い入れ対象外の銘柄に妙味を見いだしている。

「中央日本土地建物グループや東祥の5年債はスプレッドが厚かったですね」。国内運用会社のあるファンドマネジャーはこう話す。スポーツクラブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1237文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン