/

この記事は会員限定です

三菱地所の含み益4兆円、株主還元めぐり市場と隔たり

証券部 松本萌

[有料会員限定]

三菱地所の2020年3月期の有価証券報告書によると、賃貸等不動産の含み益は4兆2225億円にのぼっている。「丸の内の大家」だけあって自己資本の2倍を超える巨額だが、投資家はあまり評価していない。含み益を税率30%で算入した実質ベースの株価純資産倍率(PBR)は約0.5倍。株式時価総額は解散価値を大きく下回る。

新型コロナウイルス感染の「第3波」が広がるにつれて三菱地所の株価は下げ足を速め、12月に入って7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1834文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン