/

この記事は会員限定です

アジア株上昇率、EV関連が上位に 20年のA300

[有料会員限定]

アジアの有力企業を組み入れた「Asia300」の構成銘柄を対象に2020年の騰落率をまとめたところ、電気自動車(EV)関連銘柄の上昇が目立った。

EVの充電設備などを手がけるタイの電源装置大手、デルタ・エレクトロニクス・タイランドの株価は13倍近く、中国のEV大手、比亜迪(BYD)が5倍に跳ね上がった。買いの勢いは部品製造を手がける銘柄にも波及し、車載用電池を造る韓国のLG化学も2.6倍になった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン