/

この記事は会員限定です

ファンペップの三好社長「抗体医薬品の代替目指す」

[有料会員限定]

大阪大学大学院の研究を生かし医薬品開発を行うファンペップが25日、東証マザーズに上場した。初値は公開価格(650円)を10%上回る715円だった。同日、記者会見した三好稔美社長は「抗体医薬品の代替となる薬品の開発を目指す」と語った。主なやりとりは以下の通り。

――事業概要と強みを教えてください。

「(アミノ酸が結合したペプチドの中でも体内で一定の機能を果たす)『機能性ペプチド』と、その機能の一つで(体内で抗体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン