/

この記事は会員限定です

炭素排出量で投資選別 世界2000社、独自に価格設定

[有料会員限定]

排出する二酸化炭素(CO2)に値段を設定し、投資の是非を決める企業が増えている。案件ごとに排出量を把握し金額化することで判断基準の一つに組み入れる。取り入れる企業は世界で2000社を超え、投資家も導入の有無や価格設定を重視するようになっている。各国が2050年の脱炭素を掲げ、炭素税の導入も議論されるなか、企業側も排出削減に向けて本腰を入れている。

企業が独自に炭素に価格付けする取り組みを「インター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン