/

この記事は会員限定です

ESG関連投信、2020年は過去最多の設定本数に

[有料会員限定]

ESG(環境・社会・企業統治)に関連した投資信託の新規設定が増えている。QUICK資産運用研究所調べでは、2020年は年間で36本(年内設定予定含む)と前年の19本からほぼ倍増し、これまで最多だった18年の28本を大きく上回る見通しとなった(図1)。当初設定額の合計も5000億円超と過去最高額を更新する見込み。

ESGブーム、「未来の世界」が火付け役に

ESG投資は、企業の将来性や持続可能性を環...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン