/

この記事は会員限定です

TOTO、業績上振れもくすぶる中国の停滞リスク

証券部 松本萌

(更新) [有料会員限定]

TOTOの業績が持ち直してきた。米国での温水洗浄便座「ウォシュレット」の好調などを受け、1月29日には2021年3月期の業績予想を上方修正した。海外事業が新型コロナウイルス下の2021年3月期も営業増益を見込み業績を下支えしている。上方修正を受けて2月1日の株価は前営業日に比べて12%の大幅な上昇となったが、地域ごとの現状に目をこらすと、成長の持続への課題も浮かんでくる。

29日の修正予想では今期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1732文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン