/

この記事は会員限定です

アナリストは業績予想をどうやって作っているの?

[有料会員限定]

投資家ビギナーに是非目を通してもらいたいのが、興味のある企業の「決算短信」。ここに載っている業績予想は企業自身がはじき出すが、会社によっては過度に強気だったり保守的だったりすることがある。新しい期の業績予想開示が遅れる企業もある。そこで参考になるのが、客観的な立場のアナリストの視点だ。日経が実施する人気アナリスト調査の鉄鋼・非鉄部門で3年連続トップとなったSMBC日興証券の山口敦さんが、どのように...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1921文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン