/

この記事は会員限定です

食品株、響かぬ値上げ 原材料高が招く消耗戦

[有料会員限定]

値上げが続く食品業界の株価が低迷している。今までは「値上げ=株高」だったが、原材料価格の高止まりで再値上げの可能性が高く、買い控えが加速するとの懸念が大きいためだ。客離れを恐れ値上げを踏みとどまっても、コスト高を転嫁できず収益性の悪化につながりかねない。食品株にとっては冬の時期が続いている。

「業績に寄与するかどうか確信が持てず、買い材料にはならない」。アセットマネジメントOneの池田研亮ファン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン