/

この記事は会員限定です

市場、米金利上昇を警戒 日経平均3万円割れ

FRBは緩和継続強調も、引き締め観測なお

[有料会員限定]

米長期金利の上昇に株式市場の警戒が強まっている。24日の日経平均株価は大幅反落し、12日以来7営業日ぶりに3万円の大台を割り込んだ。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が23日の議会証言で強力な金融緩和を続ける姿勢を強調したが、インフレや金融市場の過熱を警戒する投資家は多い。早期の金融引き締め観測はなおくすぶっている。

24日の東京市場で日経平均は前日比484円(1.6%)安の2万9671円で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1316文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン