/

この記事は会員限定です

「第三者委への挑戦状」 東証障害・独立調査委の久保利氏

[有料会員限定]

東京証券取引所のシステム障害で独立社外取締役で構成する調査委員会の委員長を務めた久保利英明弁護士が取材に応じた。東証の親会社である日本取引所グループ(JPX)の社外取として自ら調査委を立ち上げるべきと進言したことを明らかにしたほか、費用とスピードの面で独立社外取による調査が適切と判断したと主張した。JPXが調査に払った費用は2000万円未満に収まり、億円単位になることが多い第三者委員会方式に比べた利点を強調した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン