/

東京ドーム、4月23日に上場廃止へ

東京ドームは23日、都内で臨時株主総会を開き、約1854万株を1株に併合する議案を可決したと発表した。少数株主の持つ株式を1株未満に変え、強制的に買い取りができるようにする。三井不動産によるTOB(株式公開買い付け)を通じた完全子会社化の手続きの一環で、東京ドームは4月23日に東証1部から上場廃止となる予定。

三井不動産は東京ドームに対し2020年11月30日から21年1月18日まで1株1300円でTOBを実施し、成立要件を満たしていた。東京ドームは三井不動産や読売新聞グループと連携し、複合施設「東京ドームシティ」の再開発などを進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン