/

高級ブランド株が急落 中国の格差対策に思惑売り

Investment Radar

世界の高級ブランドの株価が急落している。高級ブランドやサービスを提供する世界80社で構成する株価指数「S&Pグローバルラグジュアリー指数」が約5カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。中国の習近平(シー・ジンピン)指導部が貧富の差を縮小を示す「共同富裕」を提唱し、高級ブランドの中国事業の先行きに不透明感が生まれたのがきっかけだ。

S&Pグローバルラグジュアリー指数は19日時点で4363と、4月初旬以来の低水準に下落した。ルイ・ヴィトンなどを手掛ける仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンは8月に入ってから20日までに8%下落したほか、英バーバリー・グループ(12%安)やスイスの宝飾品リシュモン(15%安)などの下落も目立つ。

きっかけになったのは習氏が17日、経済政策を担う共産党組織で「共同富裕」を改めて訴えたことだ。欧州の高級ブランド品は中国富裕層の拡大に伴って事業を拡大し、株価も上昇してきた。例えば仏エルメスは10年前から株価が約5倍に膨らんだ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジストは「中国の富裕層向けの税制導入などが懸念されている」といい、先回りした売りが膨らんだようだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン