/

マイナンバーカードのお得感は? 5月のまねび必読記事

5月の日経電子版「マネーのまなび(まねび)」では、マイナンバーカード(マイナカード)取得のメリットや為替レートの決まり方、退職日が手取りを大きく左右する仕組みの記事などが関心を集めた。

マイナカードは国民一人ひとりに割り当てられているICチップ付きのカード。取得は任意だが、政府は2022年度末に、ほぼ全国民への普及を目指している。5月現在は、新規発行や各種設定により1人あたり最大2万円分のポイントを受け取れる「マイナポイント『第2弾』」のキャンペーンが実施されている。

マイナカードは行政手続きに必要な情報とひも付いていることから、ポイント以外でもメリットがある。記事では、確定申告や医療費など生活の場面ごとにお得感を探っている。マイナカードを既に取得した人も、取得を検討している人も押さえておきたい。

外国為替市場では今年に入り、円安・ドル高が一気に進行した。円安・ドル高は、輸入コストを増加させ、身近なモノの値上げを引き起こすなど、家計に大きな影響を与えている。為替レートはどのように決まるのか、改めて基本的な為替相場の仕組みを確認しておこう。

老後資金を備えるにあたっては、退職時期にも目配りしたい。退職時期が変わるだけで、雇用保険の給付額が大きく増減することがあるからだ。同様に、年金・健康保険にも影響が出てくる。どのような形で退職日を決めるのがよいのか、対応策に目を通しておきたい。

マネーのまなび YouTubeチャンネル」のリンク
https://www.youtube.com/channel/UCaD-0G5ElWKkHZZBIe4JH6w/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン