/

この記事は会員限定です

新興市場、手探りの開示強化 狙うは機関投資家

東証再編 走り出す企業(下)

[有料会員限定]

「投資家のことを考えれば情報は多い方が良いが、正直どこまで示すべきか迷った」

2月19日に東証マザーズへ上場したWACUL(ワカル)。市場再編に先行して昨年11月からマザーズへの新規上場では、経営戦略の詳しい説明「事業計画及び成長可能性に関する事項」の公表が必要になった。その第1号となった大淵亮平社長の頭に浮かんだのは競合会社だ。

同社は独自の人工知能(AI)で企業のウェブサイトを点検、改善を提案...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2183文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン