/

りそな、女性管理職4割以上に 30年度にグループ6社で

りそなホールディングス(HD)は22日、2030年度までにグループ6社で課長級以上の女性管理職の比率を4割以上にすると発表した。現在は比率の高いグループ企業でも3割程度で、さらに引き上げる。多様性のある人材登用でサービス向上やイノベーションの促進をめざす。

りそなHDのほか、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらいフィナンシャルグループ、関西みらい銀行、みなと銀行の6社で目標に掲げる。りそなHDは女性役員比率を3割以上にするほか、グループ6社で支店長や本部の部長などについても2割以上にする。いずれも現状水準から1割以上引き上げる目標となる。

メガバンクなど他の大手行は女性管理職比率を2割程度としており、りそなHDはより踏み込んで多様性を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン