/

この記事は会員限定です

ヒューリックの20年12月期、9期連続で営業最高益 

オフィス賃貸底堅く

[有料会員限定]

不動産大手ヒューリックの2020年12月期の連結営業利益は前の期比15%ほど増え、1000億円強となったもようだ。昭栄との合併後、9期連続の最高益となった。市場予想平均(QUICKコンセンサス)の986億円を上回る。新型コロナウイルス下でも主力のオフィス賃貸が堅調だった。物件の売却益を積み上げてホテルや飲食ビルの不振を補った。

売上高は3200億円前後と前の期比1割ほど減ったようだ。政府の観光需要喚起策「Go...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン