/

この記事は会員限定です

25日線、年末高の攻防 「下値メド」下回り調整警戒

証券部 三田敬大

[有料会員限定]

日経平均株価のトレンドを示す「移動平均線」を巡り、弱気な市場関係者が増えてきた。22日の東京市場で、日経平均株価は3月の急落後の上昇相場で下値メドとして機能してきた25日移動平均線を約2カ月ぶりに下回った。わずか1日の出来事とはいえ、大納会に向けて「年内2万7000円の大台回復」の期待が膨らんでいただけに、目先の株が調整することへの警戒感が広がっている。

「午前中に25日線を下回った際は打診買いを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン