/

この記事は会員限定です

コーエーテクモ、三国志で狙う中国ゲーム市場の「覇権」

証券部 小池颯

[有料会員限定]

ゲームソフト大手、コーエーテクモホールディングスの成長ストーリーが新しい局面を迎えている。舞台は世界最大のゲーム市場である中国。スマートフォンゲーム「三国志・戦略版」がヒットし、IP(知的財産)ビジネスの展望が開けてきた。

三国志・戦略版は2016年に「プレイステーション4」など向けに発売された「三国志13」をベースとした作品。内政や戦闘などを通して三国時代の乱世の統一を目指すシミュレーションゲームだ。

モバイル市場調査会社の米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1786文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン