/

この記事は会員限定です

新興企業の20年10~12月期、4四半期ぶり増益

[有料会員限定]

東証マザーズとジャスダックに上場する企業の2020年10~12月期決算は、純利益の合計が前年同期比35%増えた。増加は4四半期ぶりで、新型コロナウイルス拡大前の利益水準を上回った。自動車関連の好調さが目立ち、世界的な新車販売回復の恩恵が新興企業まで及び始めた。新業態の出店など消費者ニーズの変化を捉えた流通業なども収益を伸ばしている。

マザーズとジャスダックに上場する3、6、9、12月期決算企業のう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1702文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン