/

この記事は会員限定です

IHI、赤字回避は「脇役」頼み リスク退治が貢献

証券部 南畑竜太

[有料会員限定]

稼ぎ頭の航空エンジンの不振で業績が悪化しているIHI。かねて収益の足かせだったプラントや橋梁などの非航空部門が今期は最高益となり、赤字転落を辛うじて防いでいる。4年前から取り組む受注前の原価管理が追加コストの発生を抑え、利益を確実に積み上げる収益構造に変わりつつある。航空需要の低迷が長期化する中、「脇役」だった非航空に全社の浮沈がかかる。

「航空需要が回復局面に入るのが半年後ろにずれた。極めて厳し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1853文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン