/

この記事は会員限定です

監査法人「ビッグ4」再編の足音 なれ合い防止がカギに

監査新常態 信頼回復への道(上)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

不正会計が明るみに出たのを発端に世界の金融市場を揺るがした米エンロン事件から20年を迎える。大手監査法人の一角を占めた米アーサー・アンダーセンが解散に追い込まれ、現在の4大法人「ビッグ4」体制につながった。今なお会計不正は世界で絶たず、英国ではビッグ4の分離に向けた動きが進む。「監査の質」を高めるための取り組みは新たな段階に入りつつある。

「いよいよ始まったか」。2021年に入り、ビッグ4の英国法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1669文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン