/

この記事は会員限定です

鉄鋼、下期鋼材利ざやに2つの影 弱い中国市況と原料高

下期収益展望①

[有料会員限定]

上場企業の2022年3月期業績は新型コロナウイルス禍からの経済再開や製品値上げを背景に回復する見通し。一方で足元では中国景気の減速に加え、新型コロナの「オミクロン型」というリスクが浮上している。下期や来期業績の足取りを主要業界で展望する。初回は鉄鋼業界。

「日本製鉄との差が開いたのは事実。もう一度手綱を引き締めよう」。高炉3社の4~9月期決算が出そろった11月上旬。JFEホールディングス(HD)傘...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1532文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン