/

この記事は会員限定です

運用助言、独立系が急拡大 預かり資産3兆円超え

業界ルール整備など課題も

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

独立系金融アドバイザー(IFA)の存在感が高まっている。提携先の証券会社でIFA経由の預かり資産がこの5年で2.7倍に膨らみ、3兆円の大台に達した。「ノルマ営業」から脱し、担当者が長く付き合って資産形成を後押しする営業モデルが広がり始めている。ただ、全体としてはまだ玉石混交で、業界ルールの整備と徹底など課題も残されている。

「顧客のためになるビジネスを作りたい」――。2020年6月に営業を始めたW...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1476文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン