/

この記事は会員限定です

QDレーザの菅原社長「網膜に映像映す端末 量産へ」

[有料会員限定]

レーザー光部品開発会社のQDレーザが2月5日に、東証マザーズに上場する。事業の概要や成長戦略、上場の狙いなどを菅原充社長に聞いた。

ーー設立の経緯と事業内容を教えてください。

「半導体に電流を流してレーザー光を発生させる技術を生かして、通信機器や精密加工装置、センサー用などの部品を提供している。もともと富士通研究所で研究されていた半導体レーザーの技術を生かしており、2006年に富士通からスピンオフして設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り842文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

もうすぐ上場します

新規株式公開(IPO)を目前に控えた企業の事業内容や上場後の成長戦略は。日経新聞電子版「もうすぐ上場します」コーナーでは経営トップのインタビューをまとめてお読みいただけます。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン