/

この記事は会員限定です

長野計器が一時15%高、水素に期待 割安感から買い誘発

話題の株

[有料会員限定]

21日の東京株式市場で、圧力計や同センサーを手掛ける長野計器株が一時、前週末比134円(15%)高の1044円まで上昇した。同社は新エネルギーとして成長が期待される水素の関連機器を手掛けている。18日終値でPBR(株価純資産倍率)が0.72倍にとどまる割安感から、個人投資家を中心に物色買いを誘ったようだ。

終値は同94円(10%)高の1004円だった。売買代金は同8.7倍に膨らみ、東証1部での値上がり率ラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン