/

この記事は会員限定です

電通、一時7%高 本社ビル売却検討を好感

話題の株

[有料会員限定]

21日の東京株式市場で電通グループ株が急反発し、一時前日比205円(7%)高の3245円まで上昇した。前日の取引終了後、東京都港区の本社ビルの売却を検討していることが明らかになった。売却額は国内の不動産取引として過去最大級の3000億円規模になるとみられる。2020年から取り組む構造改革の加速を期待した買いが集まった。

終値は160円(5%)高の3200円だった。売買代金は前日の3.9倍に膨らんだ。本社ビルは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン