/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG、買収用の「空箱」21日にも米上場申請

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ソフトバンクグループ(SBG)は「特別買収目的会社(SPAC)」の米市場への株式上場を、早ければ21日にも申請する。SPACは上場時には事業の実体のない「空箱」で、未公開企業を見つけて買収するのが目的だ。数百億円規模を調達する見込み。どの企業を買収するかは現時点でわからないが、既存のSBGの投資先ではないとみられる。

SBG傘下で「ビジョン・ファンド」の運営を担うソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズがSPA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り286文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン