/

ZHD、年5円56銭配 21年3月期、LINE統合で株式総数増

Zホールディングスは20日、2021年3月期の1株あたり年間配当を前期実績に比べて3円30銭減の5円56銭にすると発表した。従来は未定としていた。配当総額は前期の421億9500万円を変えない一方で、3月1日に予定するLINEとの経営統合で発行済み株式総数が増えるため、1株あたりの配当額が減る。

ZHDは20日、LINEが21日から実施するZHD株のTOB(株式公開買い付け)に賛同すると発表した。TOBは両社の経営統合に向けた手続きの一環で、ソフトバンクの子会社である汐留Zホールディングス(東京・港)が持つ44.6%のZHD株をLINEが取得することが目的。買い付けの上限は44.6%に設定された。

TOB完了後はLINEが存続会社となって汐留ZHDを吸収合併したうえで、LINEの事業を承継する新会社を設立する。その後株式交換を通じてLINEの承継会社がZHDの傘下に入る予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン