/

この記事は会員限定です

脱炭素 道のり評価こそ金融機能

十字路

[有料会員限定]

2050年に温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする政府目標が、新たな経済成長の機会として注目されている。金融界も例外ではない。環境・社会・ガバナンスなど財務以外の価値に注目するESG投資の広がりと相まって、業種を問わず顧客の「サステナブル(持続可能な)ファイナンス」への関心は高い。様々なプロジェクトと資金の出し手をつなぎ効率的に脱炭素化をなし遂げることへの貢献は、直接・間接の区別なく金融機能の面目躍如...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り545文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン