/

この記事は会員限定です

オリンパス、利益率目標20% まだ解けぬ「変身」方程式

証券部 江口良輔

[有料会員限定]

「トランスフォーム(変身)」を掲げた医療機器メーカー、オリンパスの経営改革が、新型コロナウイルスに前進を阻まれている。2023年3月期に営業利益率20%という野心的な目標は変えていないが、達成に向けた方程式は解がまだ見えない。

「オリジナルのスケジュールを変える必要はない」。竹内康雄社長は昨年12月、オンラインで開いた会見で明言した。米ボストン・サイエンティフィック、アイルランドのメドトロニックといった世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン