/

この記事は会員限定です

バイデン氏就任目前、環境株下げ 市場は夢から現実へ

証券部 二瓶悟

(更新) [有料会員限定]

米国のバイデン新大統領の就任を21日午前2時に控え、20日の東京株式市場では「バイデノミクス銘柄」としてもてはやされた水素・電気自動車(EV)など環境関連株の下げが目立っている。電力市場では、液化天然ガス(LNG)不足を背景に日本卸電力取引所(JEPX)のスポット価格が高止まり。自前の電源を持たない新電力の事業継続に懸念も浮上している。こうした動きを横目に、株式市場は技術革新といった「将来の夢」を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン