/

この記事は会員限定です

東エレク河合社長「投資活発、最高益の更新視野」

来期業績を読む

[有料会員限定]

東京エレクトロンの業績が拡大している。半導体メーカーの設備投資が活発で、製造装置の引き合いが強い。自動車向けの半導体不足も設備投資に拍車をかけた。2022年3月期の見通しや投資戦略について、河合利樹社長に聞いた。

――製造装置の受注の状況はどうでしょうか。

「IoTの普及で半導体を使う最終製品が拡大している。(演算を担う)ロジック半導体向けや、受託生産会社向けの需要が旺盛だ。高速通信規格『5G』モバイルやデータセ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1343文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン