/

この記事は会員限定です

世界の銀行店舗、10年で1割減 DX・低金利で削減加速

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

世界で銀行店舗網の縮小が進んでいる。国際通貨基金(IMF)によると、米国では2020年の1年間で約1500店、イタリアでは約800店減少した。日本も今後数年で1割弱にあたる1000店舗が減る見通し。金融サービスはデジタルに急速に移行し、銀行のビジネスモデルの転換が進む。店舗を持たない新興フィンテックの台頭も影響している。

IMFが商業銀行を対象にまとめたデータによると、比較できる約100カ国でこの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1582文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン