/

この記事は会員限定です

4~9月決算発表が本格化 下期見通しに3つの懸念

[有料会員限定]

3月期決算企業の2021年4~9月期決算発表が本格化する。当初は新型コロナウイルス禍から回復する製造業を中心に好決算が続くとの見方が強かった。ただ、10月~22年3月期はサプライチェーン(供給網)の混乱や原材料高、中国リスクなどに直面する。注目点や下期の業績見通しを市場関係者に聞いた。

会社予想ベースで3割強の増益が見込まれる22年3月期通期、さらには来期を占ううえで、4~9月期業績は節目となる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン