/

この記事は会員限定です

REIT、日銀保有比率の高い銘柄に売り 指数は8日ぶり反落

[有料会員限定]

19日の東京市場で、不動産投資信託(REIT)の総合的な値動きを示す東証REIT指数が8日ぶりに反落した。日銀は19日の金融政策決定会合で、REITの個別銘柄の買い入れ上限を発行済み投資口数の10%に据え置いた。一部では買い入れを続けるために上限を引き上げるとの見方もあっただけに、比率が上限に近い銘柄を中心に売りが膨らんだ。

この日は東急リアル・エステート投資法人(2.8%安)やジャパンリアルエステイト投資法人(1.5%安)などの投資口価格(株価に相当)の下落率が東証REIT指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン