/

この記事は会員限定です

米ファンド、伊藤忠のファミマTOB価格で東京地裁に申し立て

[有料会員限定]

米投資ファンドのRMBキャピタルが19日までに、伊藤忠商事がファミリーマートに対して実施したTOB(株式公開買い付け)について、株の買い取り価格が適正でないと東京地裁に申し立てたことがわかった。TOB価格がファミマの特別委員会が算出した価格を大幅に下回っていることなどから、RMBは今回のTOBを「一般株主の利益を大きく損なう著しく不公...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン