/

この記事は会員限定です

過熱銘柄に売り ビットコインやレジャー関連株

[有料会員限定]

19日の東京株式市場で日経平均株価が3日続落するなか、短期的に大きく上昇していた銘柄に利益確定売りが広がった。特に、25日移動平均を上方に大きく乖離(かいり)して過熱感が出ていた銘柄に売りが目立つ。ビットコインの取引増加の恩恵を受ける銘柄や、経済正常化への期待感から大きく買われてきたレジャー、サービス関連銘柄に売りが膨らんだ。

この日の東証1部の下落率上位をみると、マネックスグループが10%安で2位、セレスが6%安で15...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り623文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン