/

この記事は会員限定です

低格付け債発行、過去最高ペース 高まる過熱感

年初から11兆円 高リスクな「C格」でも発行

[有料会員限定]

信用力の低い企業の社債発行が急増している。年明けからの発行額は世界で1100億㌦(約11兆5000億円)を超え、過去最高ペースだ。緩和マネーの運用難や景気回復期待を背景に投資家の需要は旺盛で、新型コロナウイルスで赤字が続く企業や、経営再建中の企業なども資金調達ができている。長期金利に上昇の兆しがみられるなか、マネーが逆回転するリスクもはらむ。

債券の格付けには最も信用力の高いトリプルAから債務不履...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1542文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン